保育園 入園準備 手続き

保育園入園に必要な手続き

保育園に入るには、様々な手続きが必要です。

ここでは、その手続きに必要な事柄をご紹介しますので、お子さんの保育園入園をお考えの方は参考にしてください。


まず、子供を保育園に入園させるには、家庭内で保育できない環境にあることが必須条件です。

以下に保育園に入園するための基準を書きますので、ご覧ください。


・両親および同居の親族が働いており、家庭内で保育できない場合

妊娠中であるか出産後間もないこと(出産前後2ヶ月)

・主に家庭内で保育するものが疾病や負傷により保育困難な場合

・長期にわたり、同居の親族の看病をしている場合

・震災、風水害、火災、その他災害の復旧に当たっていること

・その他、市長が保育園に入園する基準に当てはまると判断した場合

つまり、「集団生活に慣れさせたいから」「家庭で子供の相手をするのが大変で、自分の時間を作りたいから」などという理由では保育園に入園させることはできません
保育園に入園するための手続きに必要な書類をご説明します。
各自治体によって多少違いがあると思いますので、必ず確認しておいてください。

まず、市役所や町役場、保育園で配布されている保育園の入園申込書をもらいます。
そこに、必要な書類の全てが書かれていますので、用意してください。
申込時期や配布時期が年内のことがありますので、11月くらいになったらこまめに問い合わせるなどして、確認しましょう。

まず、同居の家族全員分の就労証明書が必要です。
勤務先に記入してもらい、入園申込用紙と一緒に提出します。
同居の祖父母が働いていても60歳以上なら必要ない場合もあります。

父親と母親の源泉徴収票のコピーが必要になります。
母親がパートなど扶養控除内で働いている場合は、母親の分はいらないことが多いです。

その他、出産前後なら、出産証明書や出産予定日の証明書が必要になりますので、かかりつけの病院でもらってください。

その他入園する保育園によって必要な書類が異なる場合があるので、注意してください。
また、証明書の発行など勤務先によっては時間がかかることもあるので、早めに用意しておくことをお勧めします。

保育園入園準備 おすすめ情報

こどもちゃれんじ
「こどもちゃれんじ」はこどもの年齢や興味の広がりに合った体験を、年齢にあわせて毎月1回、セットでお届け
しまじろうと一緒に成長して、好奇心を育みましょう!

おすすめ情報を見る


保育園 入園準備関連情報